« AKB48選抜総選挙と民主主義 その3 庄司紗矢香さんもゲスト出演 | トップページ | 一人一株運動 »

2012年6月22日 (金)

AKB48選抜総選挙と民主主義 その4

日本に帰ってきて、政治を見てみると、別に日本だけじゃないと思いますが、唖然とすることが多いですね。特に前回の選挙で、自民党の長期政権が日本をダメにした、新しい日本をつくらなければならないと、自民党を批判して政権を取った民主党が、自民党の意見を丸のみして消費税を増税しようとしているのを見ると、悲劇的なギャグに思えて、笑うに笑えないです。

前回の選挙で、自民党と民主党のどちらに投票しようか悩んだ人とか、民主党が政権を取って喜んだ人とか、お気の毒ですとしか、言いようがないです。

次回の選挙も心配ですね。これに懲りて共産党とか社民党に投票する人は迷いがなくていいですが、そういうところは嫌いで、自民党か民主党に投票しようとする人はどうやってどちらの政党に投票するか決めるんでしょうか。少なくとも僕には区別がつかないです。

そんな政治をどうしたらいいのか、日本だけじゃなく世界中で政治の機能不全が言われてますね。難しい、解決法がないなんて言われています。本当に??

AKBの選挙にちゃんとヒントがあるじゃないですか!

残念ながら前回書いたように実現困難ですが、日本の民主主義をよくするためのヒントを2つ見つけました。

ヒントその1

さっき書いたように、政党の区別がつかなくてどの政党に入れていいかよくわからないという人は僕だけじゃなくたくさんいると思います。

でもAKBの選挙って、誰に投票してますか。AKBやSKEなどのグループに投票していますか?してないですよね。

グループへの投票ではなくて、メンバー個人に投票していますよね。そしてその個人で選ばれた上位10数名が、次のシングルを歌いますよね。どのグループにもともと属しているか全く関係ないですよね。

でもそうやって一番ファンから支持されているメンバーが集まって新たなグループを作ることによって、次のシングルは、その構成メンバーのファンが購入するだけでなくて、そのメンバーがもともといたグループのファンも支持してくれて買ってくれると思います。

選挙で選ばれるのである意味寄せ集めですが、でもみんなその中でそれぞれが切磋琢磨して自分だけの居場所を見つけたりして、意外とバランスのいい集団になったりするはずです。

しかも、一緒に行動することでグループ間の交流が生まれるし、相互理解が生まれるし、もちろん対抗意識もさらに増して、グループ自体のレベルアップにつながるでしょう。

しかも一回きりというのがいいですね。次のシングルの選抜メンバーですよね。政党ごとに見ると、毎回同じ政党ばっかりとか、似たものばっかりとかになるかもしれませんが、個人で見れば、毎回同じメンバー構成ということはない。

いいことばかりじゃないですか

僕は一度内閣でも同じことをやってみたらいいんないかと思っています。

まあ、政党政治がわかってないとか、議院内閣制を理解していないと批判されるでしょうね。それでも憲法勉強したの?って呆れられそう。

信じてもらえないかもしれませんが、そういうの一通り勉強はしたんですよ。でもあの総選挙を見ていて、思わず夢想してしまいました。

国会議員全員から投票して、1位の人がセンターポジション、内閣総理大臣ですね。あとは大臣の分だけ選抜してその人達で、内閣を構成する、期限付きで。

憲法無視の無茶苦茶の案です(*^-^)

もっと書きたいですが、とりあえずここまでで。次回はこの案のメリットと、すぐに予想される批判に対する反論を書いてみます。

|

« AKB48選抜総選挙と民主主義 その3 庄司紗矢香さんもゲスト出演 | トップページ | 一人一株運動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AKB48選抜総選挙と民主主義 その4:

« AKB48選抜総選挙と民主主義 その3 庄司紗矢香さんもゲスト出演 | トップページ | 一人一株運動 »